イメージ画像

即日審査、即日融資可能なキャッシング会社比較。土日祝日OK。24時間365日、スマホからネットで申込み可能。

自宅にいながらスマホでキャッシングの審査申し込みから即日融資まで可能

ひと昔前までは、キャッシングの申し込みをするは、金融会社の営業所や無人契約機に出向くのが当たり前でした。

しかし、自宅にパソコンがあるのが当たり前になり、スマートフォンの利用率が高まってきたことから、即日審査の申し込みをインターネットでも可能にする会社が増えてきました。

こうしたキャッシングの審査申し込みのオンライン化は、利用者にさまざまなメリットをもたらしています。

まず挙げられるのは、申し込み用紙がパソコンやスマートフォンの画面になったことで、いつでもどこででも、自分の都合に合わせてキャッシングの申し込みができることです。

仕事が忙しい方でも、通勤電車の中や寝る前にベッドから申し込み操作がカンタンにでき、24時間365日、土日祝日関係なくいつでも情報送信が可能になりました。

また、無新契約機などにいく手間、恥ずかしさもなくなりました。

最近は無人契約機の数が減ってきていますから、契約できる場所に行くまでに時間と交通費がかかるのはネックですし、無人契約機の中は無人でも、周りには人がいるので、気恥ずかしさは残ります。

その点、スマホなどインターネット申し込み対応のキャッシングだと、自宅から出ることなく、申し込みから契約手続きまで、すべて完結します。

さらに最近の金融会社は、顧客サービスの一環として、キャッシングのインターネット申し込みの契約が完了した時点で、即日融資に対応しています。

即日融資を受けるには、無人契約機に行ってカードの発行を受ける方法と、金融会社から自分が希望する金額を指定した銀行口座に振り込んでもらう方法の2つあります。

前者は、キャッシングの申し込み時と同じく、時間と手間などがかかりますが、無人契約機の営業時間内であれば、平日夜や土日でも対応しているのがメリットです。

後者の場合は、銀行の営業時間内に契約手続きが終了しなくてはならないので、キャッシングを申し込むタイミングが遅かったり、申し込み者が多い日だったりすると、振込み対応をしてもらえないというデメリットがあります。

ここまで便利になったキャッシングの即日審査を確実にパスし、自宅にいながら即日キャッシングを受けるには、事前知識が必要です。

これから説明するポイントを、しっかりと押さえておきましょう!

即日審査申し込みとその後の手順を知る

キャッシングの即日審査に申し込もうと思ったら、まずは、各社のサイトにある「借り入れ診断」を行ってみましょう。

これは、自分の年齢、独身か既婚か、他社からの借り入れ件数と借入金額を入力すれば、借り入れ可能か診断してくれるものです。

診断結果は借り入れを保証するものではありませんが、審査が通る可能性が高い金融会社を探すのに、非常に役立ちます。

仮診断が終わったら、本申し込みです。

申し込みボタンをクリックすると、個人情報を入力する画面が出てきて、ここに自分のプロフィールや勤務先情報、収入、他社からの借り入れ件数と金額などを入力してゆきます。

どの項目も間違いなく入力する必要がありますが、中でも注意したいのが、勤務先の入社年月、収入、他社からの借り入れ状況です。

まず、入社年月ですが、金融会社というのは申込者の勤続年数をチェックします。

勤続年数は長ければ長いほど信用が高くなるのが一般的ですが、ここの項目に入力ミスがあると、後で提出する身分証明書(社会保険証)との違いを指摘されて、融資の審査に通っても、それが取り消しになることがあります。

収入に関しても同じで、借り入れする金額によっては給与明細書や源泉徴収票のコピーを提出するので、この時に相違が見つかると信用を落としてしまうことになります。

一番注意しなくてはならないのは、他社からの借り入れ状況です。

この項目を入力するときは、審査に通るために少ない額を入力する方がいるのですが、金融会社は独自のネットワークで情報を共有しているため、申し込み者がどこからいくら借りているのか、すぐにチェックすることができます。

たとえ勘違いで間違った金額を書いてしまっても、審査担当者にはそれが伝わりません。

キャッシングの審査申し込みをする時は、自分が持っているカードの利用状況をしっかりとチェックしておきましょう。

キャッシング申し込み完了後は審査結果を待つ

インターネットからキャッシングの申し込みを完了させたら、あとは審査結果を待つのみです。

金融会社によっては、申し込み内容を確認するために、申し込み者の携帯電話に連絡をすることもあります。

審査は、申し込み内容が正しいかをチェックしたり、他社からの借り入れ状況から、融資できるかできないか、自社の審査基準に照らし合わせて判断が行われます。

また、ほとんどの金融会社で行なうのが「在社確認」です。

これは、申込みページに入力した勤務先に、本人が本当に勤務しているか確認するもので、金融会社の担当者が個人名で会社に電話をかけます。

これらの審査すべてに問題がなければ、融資可能と判断されて契約手続きに移ります。

契約手続きもインターネットで行うのですが、スムーズに進めるために、あらかじめ身分証明書と収入証明書を準備して、携帯の写メで数字などがハッキリと分かるように撮影しておきましょう。

その理由は、これらの書類をFAXや郵送で送るのではなく、メールで画像ファイルを添付して送るからです。

画像が不鮮明だと、撮影し直しとなって時間がかかってしまいます。

即日融資を希望する方でしたら、少しでも早く契約完了にしたいでしょうから、この点は十分に気を付けてください。

契約額=利用限度額ではない

すべての手続きが終了したら、あとは利用限度額の範囲内でキャッシングができるようになりますが、ここで1つ覚えておきたいのが、利用限度額と契約額の違いです。

契約額というのは、契約した金融会社から借り入れできる金額ですが、借り入れできるのは利用限度額が上限になります。

最初から契約額=利用限度額ということが多いようですが、何か月か返済を繰り返して信用を作った後、利用限度額が契約額に近づいてゆく、というケースもあります。

最後に、契約書とキャッシングカードは、郵送で送られてきます。

封筒には金融会社の名前が書かれておらず、聞いたことがない社名が入っていますが、家族に内緒でカードを作った方は、バレないように注意することをお忘れなく!

キャッシングの審査基準・方法

まずは信用情報機関に照会

金融会社はキャッシングの申し込みを受けたら、真っ先に「信用情報機関」に申し込み者の信用情報を照会します。

信用情報機関には、CIC、JICC、全国銀行協会などがありますが、申し込み者の他社からの借り入れ金額、件数といった情報を始め、これまで自己破産、任意整理、支払遅延を起こしていないかなど、ありとあらゆる情報が登録されています。

この情報照会で、他社からの借入金額が年収の3分の1を超えていることが分かったら、法的に新たな融資はできないと決まっているので、その時点で審査はNGとなります。

自己破産や任意整理した経歴があっても、審査は即NGになりますし、支払遅延に関しても確実にマイナス評価になってしまいます。

また、言うまでもないことですが、金融機関は申し込み者の支払い能力で融資の審査を行います。

その判断材料となるのが、勤務先の勤続年数と年収です。

借り入れ希望金額が少額であれば、転職したばかりの方でも借り入れができるケースが多いですが、高額の借り入れを希望する場合は、勤続年数が重視されます。

勤続年数が長ければ転職する可能性が低く、返済不能になる可能性も低いと判断されます。

意外なポイントもチェック?

申し込み者が本当に入力された会社に勤めているかは、審査担当者が勤務先に在籍確認の電話をかけてチェックします。

もし勤務先が地図に載っていなかった場合、その事実を審査担当者が申込者に確認することもあるようなので、住所の入力も間違えずに行うことが重要です。

最後に、申し込み者が他の金融会社にも同時にキャッシングを申し込んでいると、金銭的に困っている人と判断するケースがあります。

金融会社は、その情報も信用情報機関から得ることになるので、審査通過を確実にするためには、一度に複数の金融会社に借り入れの申し込みをすることは避けるべきでしょう。

このページの先頭へ